台湾の食文化

台湾の食文化 2

投稿日:18/02/2019 更新日:

昨日に引き続き、今日も台湾の食文化にまつわるお話と使える表現を整理します。

美味しいものに目がない台湾の人たち。「どこどこの何が美味しかったよ」といえば、「それなら、あそこのお店行ったことある?あっちのほうが美味しいよ!」っと、自分が知っている美味しいお店自慢が始まるのが常。

色んなメニューがあるお店よりも、お粥屋さん・餃子屋さんといった単品メニューの専門店(味のバリエーションや何品かの副菜はあります)が多いため、これ食べるならこの店、あれ食べるならあのお店と、自分のお気に入りのお店を持っている人が多いというのが、その背景にあるかと思います。

「ご飯食べた?」というのも、挨拶がわりに使われており、食べ物の話題は仲良くなるきっかけにもってこい。「◯◯食べたいんだけど、良いお店知っている?」と聞いてみれば、大張り切りで教えてくれます。

以下では、そんな時に使いたいフレーズを整理します。

①你吃飯了沒?

(和訳:ご飯食べた?)

②一起吃飯吧。

(和訳:一緒にご飯を食べましょう。)

③晚上有空的話,陪我吃飯好不好?

(和訳:夜時間あるなら、夕食付き合ってくれない?)

④這附近有什麼好吃的嗎?

(和訳:この近くに何か美味しいものありますか?)

⑤若你喜歡火鍋的話,我推薦車站旁邊的店。

(和訳:火鍋が好きなのなら、駅の近くにあるお店を推薦します。)

⑥我想去吃小籠包,你有推薦的店嗎?

(和訳:小籠包食べに行きたいんだけど、おすすめのお店ある?)

⑦你想吃什麼?我帶你去吃。

(和訳:何食べたい?連れて行ってあげるよ。)

⑧又很餓,又不知道要吃什麼。你晚餐要吃什麼呢?

(和訳:お腹空いているけど、何が食べたいかわからない。あなたは今晩何を食べるの?)

 

今日はここまで!





-台湾の食文化
-, , , ,

執筆者:

関連記事

台湾のお酒にまつわるエトセトラ2

今日も前回に引き続き、お酒に関する用語を整理します!   7.喝過頭(hē guòtóu) 【意味】 飲みすぎる 【解説】 「動詞+過頭」で「〜しすぎる」です。 【使い方】 ①昨天喝過頭了。 …

台湾のお酒にまつわるエトセトラ1

新春の賑わいが続く、中華圏。お呼ばれやお祝いの機会が増えますので、今日はお酒にまつわるマナーや表現をまとめます。 飲みニケーションが盛んな日本と比較すると、台湾では接待はあっても、同僚や友人とのいわゆ …

台湾の食文化 1

台湾といえば、美食!グルメ!ということで、今日は少し台湾の美味しいお話を。 最近では大手デパートや東京の代々木公園などで、台湾関連のイベントが開催されるようになり、赤ちょうちんが飾られ、台湾のソールフ …

台湾旅行–台南で食べる

「食在台南=食は台湾に有り!」ということで、台南は美食の街としても有名です。(と言っても、それぞれの出身者が、自分の地元のものは台湾で一番美味しいと主張するし(笑)、どの地域のものも美味しいです!) …

no image

デビちゃんが行く 1 —あべのハルカス「魅惑のアジアン夜市」

日本にいても美味しい台湾料理が食べたいデビちゃん、あべのハルカスの催事場で開催されている「魅惑のアジアン夜市」にお腹ペコペコの状態で、遊びに行ってきました! アジアンフェアということで、台湾だけではな …