デビちゃんが見る台湾の社会 時事

2020年台湾総統選挙の盛り上がり

投稿日:09/12/2019 更新日:

2020年1月11日に実施される台湾総統選挙まで、残り約1ヶ月となりました。ニュース専門番組では連日各候補者の動きをライブ中継していますし、また各社はその政治的傾向を大いに反映した討論番組を企画・放送しています。

各党の選挙スローガンを見ると、政権与党の民進党(党のカラーは緑)は「2020台灣要贏,Let’s win」=「2020年台湾に勝利を」、国民党(党のカラーは青)は「藍天再現,台灣UP」=「青天をもう一度、台湾UP!」で、国民党は党のカラーである青色にかけて国民党をもう一度っと言ったところでしょうか。

11月中旬には「不分區名單」=「比例代表のリスト」が公表されましたが、順位を巡って候補者もメディアも連日の大騒ぎ。候補者がメディアを使って順位を上げてもらおうと騒ぐのももうお決まりの光景ですが、流石に閉口してしまうところもあります。

選挙活動で面白いのは、街頭演説が多い日本の選挙と少し違って台湾でよく見られる「掃街」と言われるどぶ板選挙!「掃街」の「掃」は「打掃」の「掃」、直訳は「街を掃除する」です。ナイトマーケットや人通りが多い路地を候補者が練り歩いて有権者に支持を訴える様子はTVでもよく放送されています。護衛がいるとはいえ総統候補自身も街に繰り出しますので、日本人からすると警護は大丈夫なの?!と思うところですが、こうした距離感の近さも選挙が盛り上がる要因のひとつなのでしょうね。

台湾の政党はというと、民進党、国民党の二大政党が圧倒的に強いですが、実際には10以上の政党があります。今日は最後に2018年の台湾統一地方選挙で話題になった政党を一つご紹介。その名も「歐巴桑聯盟(おばさん聯盟)」。路上の選挙運動では「歐巴桑來了!(おばさんが来たよ!)」の横断幕を持って練り歩いていました。得票率は0.7%で全員落選と奮いませんでしたが、日本のN国党と言い、こうしたユニークなネーミングは最近の世界的な(?)流行りなんでしょうか。

今日はここまで!





-デビちゃんが見る台湾の社会, 時事
-, , , ,

執筆者:

関連記事

台湾における新型コロナウイルスの感染状況

中国武漢市が発生源と見られる新型コロナウイルスの感染拡大により、今年は緊張感のある年明けとなりましたね。感染が拡大するなかで、日本政府は空港の検疫強化による水際対策や、政府チャータ機による日本人の帰国 …

台湾におけるLGBT

2019年5月17日、台湾において同性婚が合法化され、台湾は世界で27番目に同性婚を認めた国・地域となりました(ただし、偽装結婚を防止するため、台湾人に限定されています)。 台湾においては2003年か …

台湾のメディア事情 1

今日から3回に分けて、言論統制が厳しい中国とは真逆の環境にある台湾のメディア事情について、掘り下げていきます。 台湾では、二二八事件発生後から1987年に戒厳令が解除するまでの期間、言論の自由が非常に …

台湾の選挙 4

今日は、もう少し掘り下げて、内閣を含めた人事について見ていきます。 台湾の総統選挙は、正総統・副総統がペアになって、各党から出馬し、有権者の判断を仰ぎます。この「正総統・副総統ペア」はニュースでは、「 …

台湾の選挙 1

2020年1月11日の総統選挙に向けて大きく動き出している台湾。その前哨戦と位置づけられていた2018年11月の統一地方選挙では野党・国民党が圧勝したことでますます白熱しています。とう言うことで、今日 …