デビちゃんが見る台湾の社会

台湾の選挙 4

投稿日:20/07/2019 更新日:

今日は、もう少し掘り下げて、内閣を含めた人事について見ていきます。

台湾の総統選挙は、正総統・副総統がペアになって、各党から出馬し、有権者の判断を仰ぎます。この「正総統・副総統ペア」はニュースでは、「◯◯配」となり、◯◯にはそれぞれの候補者の姓が入ります。例えば、2016年の選挙では、国民党は正総統候補に朱立倫、副総統候補に王如玄のコンビで臨んだので「朱王配」、対する民進党は正総統候補に蔡英文、副総統候補に陳建仁のコンビで臨んだので、「蔡陳配」となりました。そのため、総統候補者選びでは、誰とペアを組むのかも大きな話題になります。

そして選挙が終わると、まずは組閣ですが、興味深いのはその人事の動きです。アメリカと似ているかと思いますが、政界と学界(アメリカはこれに加えて金融業界もでしょうか)の関係が非常に近く、特に政権交代があると、一部の学者(大学や中央研究院の学者)は政界入りします。

台湾では、ある大学はかつての国民党のエリート養成機関であったりしますし、また学歴重視の社会的雰囲気の中で、地方政府から国会議員まで、修士や博士学位を取得するために、大学に通っていることもあり、政界と学界は密な人間関係があります。

総統の学歴を見ると、2008年から二期総統を務めた馬英九はハーバード大学博士、蔡英文総統はロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで博士を取得しています。そしてこうしたバックグラウンドを大いに反映して組閣されたメンバーを見ると、例えば、2008年の馬英九総統就任後の閣僚は、36名中22名が博士と博士率は67%!日本だと考えられないですね。有権者からは、「博士内閣」、「博士部長(この場合の部長は、大臣の意味です)」と揶揄されることもありますが、これも台湾ならでは!

今日はここまで!





-デビちゃんが見る台湾の社会
-, , , ,

執筆者:

関連記事

台湾のメディア事情 1

今日から3回に分けて、言論統制が厳しい中国とは真逆の環境にある台湾のメディア事情について、掘り下げていきます。 台湾では、二二八事件発生後から1987年に戒厳令が解除するまでの期間、言論の自由が非常に …

台湾のメディア事情 2

政治的には、台湾独立派と親中派が依然として対立しているため、新聞社&テレビ局の各社は自社が支持する方向に傾倒した報道をしますが、それだけでなく、相手方を陥れるために、「投訴爆料(tóusù bàoli …

台湾の選挙 3

世界各国で女性のリーダーが活躍していますが、台湾も蔡英文女史が2016年の総統選挙で初当選し、初めて女性が総統に就任しました。 日本でも政治分野における男女共同参画が推進され、公表されている「女性の政 …

台湾のメディア事情 3

ビジネスとメディアの関係を観察すると、台湾人はもともと口コミに影響を受けやすい消費行動・購買行動にありますが、ネタが欲しい記者が多い台湾、口コミで人気のお店を取り上げたり、開店を生放送したりとその報道 …

2020鼠年快樂!

新年快樂!今年も会話に役立つ表現や面白い言い回し等、ご紹介していきたいと思いますので、引き続きデビちゃんのメモ帳をどうぞ宜しくお願いいたします! 今日は2020年第一弾ですので、この時期には欠かせない …