デビちゃんの独り言

デビちゃんの独り言 3

投稿日:06/06/2019 更新日:

過去の第一次・第二次世界大戦で、我々の先代が残した歴史も、その後の復興や高度経済成長の中で「日本」という国が築いてきた「credit」も、現在を生きる我々個々の日本人とどれだけの関係があるのか?世界パスポートランキングで毎年ベスト5以上を維持し続けている「日本」とは、一体何なのか?また同時に、自分が出会った・出会う異国の人達との関係においては、「ただの個としての自分」、「日本人である自分」、「〇〇さん(地元の友人)の友人としての自分」、「旅行客としての一見さんの自分」、「〇〇社の社員として駐在する自分」とはなんぞやと、問うて止みません。

日本には「旅行の恥はかきすて」と言う言い方がありますが、グローバル化が進む現代社会において、これをもしかなりの日本人が海外でやってしまったら、笑えない状況が遠くない将来にやってくると思っています。

先代が残したものを我々が引き継いでいるように、次世代は我々が残した「日本人」の歴史を否が応もなく引き継ぎます。「日本」という国家が滅亡するか、「日本人」というカテゴリーが消滅するかしない限り、引き継がれます。それは、自分が出会った人々が語り継ぐ「日本人が残したイメージ」であり、「日本人へのイメージ」です。

デビちゃんは新しい国・地域を訪れる時、3つのフレーズだけはマスターしてきます。それは、「ありがとう」、「すみません」、「良い一日を/君に幸あれ」です。あとは、辞書を片手に、指差しすれば、大抵のことはなんとでもなります。なんともならないのは、向き合う自分の見方であったり、気持ちです。

続きます!





-デビちゃんの独り言
-, , ,

執筆者:

関連記事

デビちゃんの独り言 4

今はなくなってしまったTV番組に「ここがヘンだよ日本人」というのがありました。海外でも同じような番組を見たことがありますが、見るたびに本当にやりきれない気持ちになります。 彼らが批判しているのは、その …

新型コロナウイルスの感染拡大防止に対する台湾からの支援

政府や地方自治体をあげてのSTAY HOME週間に突入しましたが、みなさま如何がお過ごしでしょうか?事態が早く収束することを願いながら、デビちゃんもスーパーへ行く以外は、完全に自宅で過ごしています。と …

デビちゃんの独り言 2

例えば、以前、台湾で住んでいたマンションに日本人駐在員が数人いたのですが、台湾人の管理人さん相手に日本語のみで一生懸命何かを伝えようとしたため、管理人さんが困ってしまい、通訳をお願いされたことがありま …

ミスター・デモクラシー(民主先生) 李登輝総統の逝去

2月から入院中と報道されていた李登輝元総統が7月30日に逝去されました。これを受けて、台湾の各関係機関では、31日に半旗が掲げられ、8月1日から16日まで台北市の台北賓館に献花会場を設け、一般公開して …

デビちゃんの独り言 1

10年に及んだデビちゃんの海外生活には、楽しいこと、辛いこと色んなことがありました。海外に住んで見える世界は、旅行で見える世界とは全く違います。今日から数回にわたって、海外生活で心がけていたこと、気づ …