デビちゃんの独り言

デビちゃんの独り言 1

投稿日:04/06/2019 更新日:

10年に及んだデビちゃんの海外生活には、楽しいこと、辛いこと色んなことがありました。海外に住んで見える世界は、旅行で見える世界とは全く違います。今日から数回にわたって、海外生活で心がけていたこと、気づいたことをまとめます!

異国に済むこと=受け入れてもらっているということ

海外に行くということ、海外で生活するということは、他の文化や生活習慣、価値感の中に入っていくということを意味します。「郷には入れば郷に従え」ということわざは世界共通で様々な言語でそれぞれの表現がありますが、それを真に実践できているのかについては、このグローバルで、移動が便利になった時代、我々は時に大いに自省すべきだと思います。

自分が海外に身をおくことは、つまり日本に身をおく日本人の視点からすると、それはすなわち増加する「海外からの旅行客」や「留学生」、「外国人労働者」を見る目とイコールであって、それは必ずしも「優しい目」ではありません。

翻って、我が身を海外におく場合には、それが旅行であっても、留学であっても、駐在であっても、身をおく国が先進国であっても、後進国であっても、身をおかせてもらっている国・地域に対する一定の敬意・尊重が必要であり、それは何気ない行為において示されるべきだと思っています。

それは、「異国において当地の人と接するのであれば、異邦人の自分がまず誠意を尽くす」という姿勢です。これは、一時的にであれ、異国の地に身をおかせてもらっている、受け入れてもらっているという思いから、個人的に特に実践しようと心がけていることです。

明日に続きます!





-デビちゃんの独り言
-, , ,

執筆者:

関連記事

「雪中送炭」とは?  東日本大震災や新型コロナから思うこと

今日で東日本大震災の発生から9年を迎えました。9年前の今日、職場に設置されたテレビで、大地震の速報に続いて映し出された津波の映像を声を呑んで唖然と眺めていたことをつい先日のように思い出します。 震災後 …

新型コロナウイルスの感染拡大防止に対する台湾からの支援

政府や地方自治体をあげてのSTAY HOME週間に突入しましたが、みなさま如何がお過ごしでしょうか?事態が早く収束することを願いながら、デビちゃんもスーパーへ行く以外は、完全に自宅で過ごしています。と …

ミスター・デモクラシー(民主先生) 李登輝総統の逝去

2月から入院中と報道されていた李登輝元総統が7月30日に逝去されました。これを受けて、台湾の各関係機関では、31日に半旗が掲げられ、8月1日から16日まで台北市の台北賓館に献花会場を設け、一般公開して …

デビちゃんの独り言 4

今はなくなってしまったTV番組に「ここがヘンだよ日本人」というのがありました。海外でも同じような番組を見たことがありますが、見るたびに本当にやりきれない気持ちになります。 彼らが批判しているのは、その …

デビちゃんの独り言 3

過去の第一次・第二次世界大戦で、我々の先代が残した歴史も、その後の復興や高度経済成長の中で「日本」という国が築いてきた「credit」も、現在を生きる我々個々の日本人とどれだけの関係があるのか?世界パ …