デビちゃんが見る台湾の社会

台湾におけるLGBT

投稿日:17/06/2019 更新日:

2019年5月17日、台湾において同性婚が合法化され、台湾は世界で27番目に同性婚を認めた国・地域となりました(ただし、偽装結婚を防止するため、台湾人に限定されています)。

台湾においては2003年から、毎年10月の最終土曜日にLGBTパレードが開催されており、初回は500名の参加でしたが、2015年頃にはアジア最大規模となりました。

主催者サイト:https://www.facebook.com/Taiwan.LGBT.Pride

個人的な観察からすると、言論の自由がなかった戒厳令時代を経て、90年台から一気にメディアや個人の発言力が強まったことに加え、SNSの発展により機運を醸成しやすい環境が整ったことが背景にあると思います。さらには、国公立私立問わず、多くの中高が男女共学ではなく、男子校と女子校に分かれていることも、多感な思春期の青少年に大きな影響を与えているものと思料されます。

デビちゃんが台湾で過ごした2005〜2013年の頃は、今ほどLGBT関係の主張を見聞きすることはありませんでしたが、MRTやバスなどの公共の交通機関を利用すると、実際に同性のカップルをたくさん見かけましたし、その中には制服を着ている高校生カップルもいました。当初は、ここまでLGBTの人口が多いとは知らなかったので、同性で仲よく手を繋いだりハグしてるのが多いなあ〜ぐらいの印象でしたが、後々色んな話を聞いたり、観察するうちにLGBTなのだと知りました。女性同士のカップルだと、大抵、一方の髪が短髪でみな似たようなファッションスタイルなので、今ではすぐに分かりますが、そのへんは日本を含めその他の国とはスタイルが違うかなと思います。友人・知人にもLGBTのカップルがいますが、総じて家族や友人にもオープンにしている人が多いです。

同志(ピンイン:tóngzhì):同性愛者

同志遊行(ピンイン:tóngzhìyóuxíng):LGBTパレード

同志結婚(ピンイン:tóngzhì jiéhūn):同性婚

 

今日はここまで!





-デビちゃんが見る台湾の社会
-, , ,

執筆者:

関連記事

台湾のメディア事情 3

ビジネスとメディアの関係を観察すると、台湾人はもともと口コミに影響を受けやすい消費行動・購買行動にありますが、ネタが欲しい記者が多い台湾、口コミで人気のお店を取り上げたり、開店を生放送したりとその報道 …

台湾の選挙 4

今日は、もう少し掘り下げて、内閣を含めた人事について見ていきます。 台湾の総統選挙は、正総統・副総統がペアになって、各党から出馬し、有権者の判断を仰ぎます。この「正総統・副総統ペア」はニュースでは、「 …

台湾のメディア事情 1

今日から3回に分けて、言論統制が厳しい中国とは真逆の環境にある台湾のメディア事情について、掘り下げていきます。 台湾では、二二八事件発生後から1987年に戒厳令が解除するまでの期間、言論の自由が非常に …

2020年台湾総統選挙を振り返って

世界中で選挙イヤーの2020年。1月11日に実施された台湾総統選挙・立法院(国会議員)選挙は、香港情勢の影響もあり、4年前に比しても大きな盛り上がりを見せました。蔡英文総統が優位の中、国民党候補の韓國 …

台湾の選挙 2

もう一つ面白いのは、選挙運動&イベント。台湾では、選挙カーが町中を回るだけではなく、各地の公園や広場で決起大会や大きな選挙集会が開催され、有力候補の集会はテレビでも生中継されます。台湾人の有権者は、ま …