台湾の季節イベント&関連中国語

台湾における夏休みの過ごし方 1

投稿日:04/07/2019 更新日:

日本も間もなく夏休みを迎えますが、台湾はすでに夏休みに突入しています!

中国も台湾も、ほとんどの学校が全2学期制で、9月から始まり6月に卒業シーズンを迎えます。そのため、学年が入れ替わる前の7〜8月が夏休みとなりますが、早いところでは6月中旬からすっかりおやすみモードに!

日本とは大きく違うなあとびっくりしたのは、学校職員の勤務体制です。もう10年ほど前になりますが、大学で勤務していた頃、夏休み期間中は職員も半ドンでした。職員としてはとても恵まれた環境と言えますが、学生からすると、或いは取引のある業者からすると、事務方は半分以上もぬけの殻で、何を問い合わせても「担当者不在で・・・」となり、頭を抱えます。(昨今では、公務員の優遇がさんざん叩かれていますので、現在は変わっているかもしれません。)

また、特に大学の教授陣となると、研究分野を問わず、ほぼみな海外に出国します。行政の担当がない先生だと、学年末の試験が終わって成績を提出するやいなや、6月中旬から、即台湾脱出!もちろん在外研究で行かれる先生もいますが、「家族や親戚が◯◯にいるから、休暇はいつもそこで過ごします!」みたいな方もかなりおり、華人ネットワークを見せつけられます。

そんな若干緩い空気が漂う台湾の夏休みの過ごし方をご紹介していきたいと思います!

次回に続く!





-台湾の季節イベント&関連中国語
-, , , ,

執筆者:

関連記事

お正月に使える表現

中華圏では間もなく旧正月を迎えますので、今日はお正月に使える単語やフレーズをまとめます。 【単語】 春節(chūn jié、旧暦の1月1日) 過年(guò nián、旧正月の年越し) 除夕/除夕夜(c …

台湾の七夕

夏を感じる七夕!みなさんは短冊に願い事を書きましたか? 今日は台湾の七夕について書いていきたいと思いますが、季節の行事は全て旧暦に基づきますので、今年の七夕は8月7日、ちょうど一ヶ月後です。 中国発祥 …

お正月の過ごし方

大家新年好!明けましておめでとうございます。 中華圏では、旧正月を迎え、街は春節を祝う赤いイルミネーションで彩られ、TVも正月特番が組まれ、一年で最も賑やかな時を迎えています。 地元を離れて生活してい …

八月八日は何の日?

日本でも、携帯番号や車番にいわゆる「縁起の良い数字」が好まれますが、中華圏も然り。「八」は、風水で末広がりの縁起の良い数字とされていますが、これは日本も中華圏も同じ!では、この演技の良い「八月八日」は …

鬼月來了! 

台湾では、旧暦に基づいて様々な季節行事が催されていますが、旧暦の7月はまた特別な月で、「鬼月」と呼ばれています。 旧暦の7月15日は、中華圏の「三元」の一つである、中元節の日。「鬼」がついているだけで …